HOME > 所属弁護士 > 村田 真一

所属弁護士

村田 真一Shinichi Murata

略歴

昭和61年
金沢大学附属高等学校卒
平成4年
東京大学法学部卒
平成7年
弁護士登録(47期・第二東京弁護士会)、兼子・岩松法律事務所入所
平成13年
ジョージワシントン大学ロースクールLL.M.(知的財産権法専攻)
平成13年~15年
フィネガン・ヘンダーソン・ファラボウ・ガレット&ダナー法律事務所(ワシントンDC)
平成14年
ニューヨーク州弁護士登録
平成15年
兼子・岩松法律事務所に復帰
平成17年~19年
更生会社株式会社寄居カントリー倶楽部 管財人代理
平成18年~20年
日本弁護士連合会知的財産政策推進本部委員
平成18年~
日本知的財産仲裁センター判定人候補者
平成19年~25年
日本弁理士会特定侵害訴訟代理業務研修講師
平成21年~
日本弁護士連合会知的財産センター委員
平成22年~
アジア大洋州医師会連合(CMAAO)法律顧問
平成22年~
公益社団法人日本医師会利益相反管理委員会委員
平成23年~
日本知的財産仲裁センター事業適合性判定人候補者

著書・論文等

「川上・川下企業間での部材と完成品に係る共有特許と消尽」(知財管理、Vol.65, No.3, 2015)
「特許権に基づく侵害警告と不正競争防止法2条1項14号の該当性」((社)日本国際知的財産保護協会月報(AIPPI)、Vol. 59, No.11, 2014)
「共同研究等の成果に関する発明者の適切な保護」(パテント2012年2月号)
「ライセンス契約に関する近時の論点」(Law & Technology No.49,2010/10)共著
「〔座談会〕知的財産実務にみる国際裁判管轄」(Law & Technology No.48,2010/7)共著
「特許出願人名義変更届手続請求事件」(一般社団法人日本国際知的財産保護協会月報 第49巻第2号)
「Patent litigation in Japan」(Akron Intellectual Property Journal, Vol.1, No.2, 2007) 共著
「International Litigation」(IP Litigator)(Aspen Law & Business, March/April 2003)共著

その他

一般社団法人日本国際知的財産保護協会(AIPPI JAPAN)
日本ライセンス協会(LES Japan)
American Intellectual Property Law Association(AIPLA)